振り返り、学ぶ時「母と子の幸せ講座」の記録。

遊美っこの仕事が一段落して、お腹の子と向き合う日々がはじまっています。

初産だからかな?
お腹のハリが強く、甲府盆地の暑さと相まって毎日フーフー(´`:)

無理をしちゃいけない、ていうかできない(´`:)と自制していた自分。
でも、自分本来の「外へ!」の気質がうずうず。
本能と自我の間でモヤモヤを感じていました。

そんなさなかに受けた「母と子の幸せ講座」
岐阜県多治見市の森のようちえん「自然育児森のわらべ」園長の浅井智子さんの講座です。

「いい母もいいけど、幸せな母に!」
「母も子も大丈夫!自分はOKだ!」
と言えるように。

デトックスのワークで自分のふたを開ける練習をしたり。

アドラー心理学やエリクソンの発達段階、脳科学など、多岐にわたる見識から、思い込みや勘違いを払拭したり。

形にこだわらず、自分の本当の欲求にコミットする。
自分の意識と感覚に近づく。

同じように悩みながら子育てしている先輩ママさんたちと、深くあたたかい学びの時間でした。

【楽しかったデトックスのワーク】

作品1
「マタニティブルーも栄養になる」

e0147852_23161756.jpg

意識の蓋を描いたら、すぐに窮屈さを感じて早々に噴出(笑)
胎盤みたいな大地。光の方へ伸びる新芽。
マタニティブルーの雨が降り注ぎ、命を吹き込む。
マタニティブルーも栄養になる。

作品2
「子宮の中は秘密の宇宙」

e0147852_23161812.jpg

目には見えない子宮の中。お腹の子は元気か?育っているのか?苦しくないか?
心配ばっかり。
でも、今は見えないことで守ってる。
子宮の宇宙の中でちゃんと生きてる。育ってる。
大丈夫。わが子は強い子。力を持ってる。
マタニティブルーの雨を受けて、温かい愛を集めて、光の方へぐんぐん伸びて。
光の中へ出てくるその日まで、私のお腹の中で幸せな時間を満喫してね。

2017.8.12
[PR]
by yu-yuu-n39 | 2017-08-20 09:00 | ひとりごち | Comments(0)