カテゴリ:ひとりごち( 13 )

遊美っこの仕事が一段落して、お腹の子と向き合う日々がはじまっています。

初産だからかな?
お腹のハリが強く、甲府盆地の暑さと相まって毎日フーフー(´`:)

無理をしちゃいけない、ていうかできない(´`:)と自制していた自分。
でも、自分本来の「外へ!」の気質がうずうず。
本能と自我の間でモヤモヤを感じていました。

そんなさなかに受けた「母と子の幸せ講座」
岐阜県多治見市の森のようちえん「自然育児森のわらべ」園長の浅井智子さんの講座です。

「いい母もいいけど、幸せな母に!」
「母も子も大丈夫!自分はOKだ!」
と言えるように。

デトックスのワークで自分のふたを開ける練習をしたり。

アドラー心理学やエリクソンの発達段階、脳科学など、多岐にわたる見識から、思い込みや勘違いを払拭したり。

形にこだわらず、自分の本当の欲求にコミットする。
自分の意識と感覚に近づく。

同じように悩みながら子育てしている先輩ママさんたちと、深くあたたかい学びの時間でした。

【楽しかったデトックスのワーク】

作品1
「マタニティブルーも栄養になる」

e0147852_23161756.jpg

意識の蓋を描いたら、すぐに窮屈さを感じて早々に噴出(笑)
胎盤みたいな大地。光の方へ伸びる新芽。
マタニティブルーの雨が降り注ぎ、命を吹き込む。
マタニティブルーも栄養になる。

作品2
「子宮の中は秘密の宇宙」

e0147852_23161812.jpg

目には見えない子宮の中。お腹の子は元気か?育っているのか?苦しくないか?
心配ばっかり。
でも、今は見えないことで守ってる。
子宮の宇宙の中でちゃんと生きてる。育ってる。
大丈夫。わが子は強い子。力を持ってる。
マタニティブルーの雨を受けて、温かい愛を集めて、光の方へぐんぐん伸びて。
光の中へ出てくるその日まで、私のお腹の中で幸せな時間を満喫してね。

2017.8.12
[PR]
迷ったら

危険な方の道をとれ


岡本太郎
[PR]
つまみの枝豆 食いちらし

ビールの空き缶 飲みちらし

酔いにまかせて 書きちらし

ブログにぐだぐだ くだをまく


テレビのお笑いに 気をちらし

とりとめもない絵を 描きちらし

薄っぺらい詩片を 書きちらし

くだらない思考を 撒きちらす



いったいどこに行きたいのか

いく当てだって 見えてないのに


そんな自分は 蹴っちらし

いっそ「ちらし寿司」みたく

とっちらかったまま

生きていこうか
[PR]
おれは まっすぐいくんだ
おれは まっすぐがいいんだ
まっすぐでわるいか
でも ちょっとだけなら まがってみても いいよ
[PR]
「きらい」の反対は 「すき」じゃない
「すき」の反対が 「キライ」

じゃあ 「きらい」の反対は?

「きらい」の反対は やっぱり「きらい」
[PR]
鳴らない電話を 待つのは きらい
鳴らない電話の 電源を切るのは スキ
[PR]
寝つきの悪い 夜は きらい
寝起きの悪い 朝は スキ
[PR]
e0147852_21524527.jpg

にじだ!
にじがでたよ!

にじを見たら
人に教えたくなった

にじだよ!
にじが架かったよ!

みんないっしょになって にじを眺める
なかなか会えなかった昔の友も

ほんとだ! にじだ!

にじを仰ぐと みんな無言になった

にじがつなぐ
空の架け橋

わたしとあなたと
あなたときみの
[PR]
ピンチのときこそ
心はあかるくしていよう

空が晴れていることを忘れないように
雲雀がなく声が聞こえるように

風が吹くと涼しくて
陽が照ると汗ばむ
当たり前のことによろこべるように

ピンチはそれに気付かせてくれる


いつも頑張っている人の笑顔にも
赤ちゃんが日々育っていくことにも
毎日、毎日、おどろいて

心をスタンバイ状態にしておこう
いつでもオンに切り替えられるように
楽しいことを、当たり前のことを、特別に感じて面白がれるように

いつも近くにいる人のため息のトーンを聞き取って
背中ににじむ疲れをそっと拭って
ふっと出た笑顔を拾えるように

心はいつもスタンバイ状態
[PR]
e0147852_22254162.jpg

この6月から、新生活がはじまりました。

会社員を辞め、名古屋から引っ越して三重県四日市市にやってきました。

絵本を作りたい。
子供の本に関わる仕事がしたい。
子供の表情を近くで見ていたい。

長年の夢を叶えるため、夢だった職場に移りました。
これからはこどもたちと遊びながら美術する生活が始まります。

作家としての肥やしを育てる生活の本格始動です。

今、新居はこどもたちから分けてもらったあじさいの花で飾られています。

毎年梅雨は憂鬱でしたが、
今年は雨も楽しめるうきうきな梅雨になりそうです。
[PR]