蝉時雨が降る韮崎市の森。子どもたちの元気な声が重なります。
韮崎市のエコパーク関連イベント、こども講座です。
森のようちえんきらきら星として、自然観察の企画に関わらせてもらいました。

e0147852_22342081.jpg


講師は森のようちえんきらきら星の代表、宇田川朱恵さん。宝探しや、ロープ遊びで森で遊び慣れない子どもたちにも楽しんでもらおうと知恵を絞っていただきました。

第一回目は穂坂地区のの穂坂自然公園。
e0147852_05352551.jpg

クヌギ林の散策では、ミヤマクワガタをゲットする子も!
年中から小6までの子どもたちが森の散策を楽しみました。

e0147852_05352825.jpg

小6のお兄さんお姉さんたちはきのこに夢中。きのこの名前を調べる姿は、小さなきのこ研究者でした。

第二回目は神山地区の武田八幡宮。
こちらは年少から1年生までと小さい子たちが、お父さんお母さんと一緒に参加してくれました。
e0147852_22342246.jpg

せみのぬけがら、かわいい葉っぱ。
最初は「みつからなーい」と言っていた子も、最後にはトンボを追いかけ、ザトウムシと戯れ、ビニール袋は宝物でいっぱい!

e0147852_22342429.jpg

建物に戻って制作の時間。
女の子たちは葉っぱのこすりだしで封筒づくり。

e0147852_22342644.jpg

色とりどりの葉っぱの形が浮かび上がり、歓声があがりました。

e0147852_22342709.jpg

小さな弟たちも宝物を紙に貼り、お絵描きして楽しみます。
「この葉っぱは何の葉っぱ?」
お母さんと一緒に図鑑で調べながら、じっくり森と親しみました。

エコパークのお話しは難しかったけど、自然を身近に感じてもらえたかな。
自分のふるさとが、世界が認めた豊かな自然のある場所なんだと、誇りに思ってもらえたらいいな、と思います。

[PR]